レコーディング 1日目 ~ リズム隊編 ~

今日からついにレコーディングスタート!

今回のレコーディングの様子をメンバーが交代で伝えていきたいと思います\(^^)/

今日はMiyuがお届けします(^_^)

今回は安野さんからいただいた2曲と、初めて自分たちで作った曲の計3曲!

山崎さんのドラムもトコのベースも改めてちゃんと音として聴いたけど、やっぱり好きやなー!

私は楽器だとずっとピアノしかやってこなかったけど、上手い人の演奏は楽器が違っても感じるものは同じで、心がぐわーーーっと盛り上がるというか、苦しくもなるし、とにかく心にくる!

一音一音にしっかり魂がこもってて密度の濃い音がするあの感じがとても好き!

そういう音を聴けて、その音の中で歌えてる幸せを今日改めて感じました。


レコーディングって本当に自分との戦いだとおもう。

聴いてる側は良いテイクだとおもっても自分が納得いってないとダメやし。逆も然りで、自分が良いと思ってたテイクでもダメって言われることは多々あって。限られた時間で、ブースの中でたった1人で向き合う。ある意味孤独でもあるよなって私自身もレコーディングしてていつも思うの。

こだわりを持って納得いくまで録り直しては聴いてってしてるトコの姿がかっこよかった!


全ておわって疲れ切ってるトコ。笑

そして最初にも言ったけど、今回は私が作詞作曲、メンバーでアレンジした曲をレコーディングさせて頂きました。(まだ全行程はおわってない)

最初はピアノ一本だった曲がバンドサウンドとして、CASPAの音として形になっていくのを肌で感じるたびに本当に毎回うれしかった。

今日はこの曲が本当にきちんと形になっていく第一歩で、もちろん嬉しかったしワクワクしたけどそれと同時に、ひとつの曲を形にする難しさにも直面しました。

だけど、小さな部屋で自分の中の悲しみと向き合いながら作った時のこと、出来上がってメンバーに送った時のこと、正直みんなの反応が怖くてなかなか送れなかった時のこと、(w

なんか色んなことを思い出して、本当にこの曲を作れてよかったなーとも強く思いました。

今日ドラム、ベースがおわって次はギターレコーディング。

一人一人の想いが音として重なって、最後に私の歌が乗る。

毎回そうやけど、 ひとつひとつの音を、言葉を、噛み締めて私も大切に歌いたいと思いました。

さて!今日はここまでです!

つぎのギターレコーディングの担当はTokoです!お楽しみにーっ\(^^)/


0コメント

  • 1000 / 1000